先週の説教(2016年2月20日)を受けて 『イエス様を伝える』

詩編 1篇1~6節
ガラテヤの信徒への手紙 4章1~20節


 なぜ私達は祈る時に父なる神様と呼ぶのか?イエス様も使った「アッバ、父よ」のアッバとは親密な間柄で使う言葉で、日本語でいえば「お父ちゃん」に近い。私達はイエス様の十字架によって天の父なる神様との壊れた関係を修復され、神の子としての身分を与えられており、イエス様と同じように「アッバ」と呼びかけることのできる特権をもっているのである。
 ガラテヤの信徒たちが気にした「日、月、時節、年など」は旧約の律法に基づく祭りや儀式などのことであり、パウロは信徒たちをこのような律法の束縛から救出しようと試みた。律法的な指導者による伝道は、愛に基づくものではなく自己中心的なものであり、自己満足のために教会を振り回していた。私達も、熱心が真理に基づくものか、聖霊に押し出されたものかを見抜く必要があるとともに、信仰が儀式的になっていないか定期的な点検が必要である。
 パウロがガラテヤを訪れたのは、伝道のためではなく健康上の理由であったと思われる。しかしガラテヤの人々はパウロを軽蔑することなく歓迎し、パウロと親密な関係を築いた。そのようなガラテヤの信徒たちが、何故、救いの喜びから方向転換してしまったのか?このパウロの嘆きは、現代の私達に対しても呼びかけられている。
 永遠に私達を喜びで満たし続けることができるのはイエス様しかいない。伝道とは何をしたら良いのか、私達は難しく考えてしまうが、イエス様を伝えること以外に私達の伝道はない。受難節のこの時、イエス様の十字架によって救われた喜びに満たされて、その喜びを人々に伝えていきたい。(日吉実)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック