6月12日 説教を受けて 奨励 「いつでも、どこでも、だれにでも」  佐藤義孝兄


   聖書:詩編71篇15~19節

 「今日、この御言葉が与えられました。」み言葉によって一日を始めることが出来る事はキリスト者として恵みであり、慰めであり、励ましです。聖書を開き、或いはローズンゲンのような日々の聖句や信徒の友の“日毎の糧”によってその日の御言葉を与えられることもあるでしょう。しかし、悲しみや苦しみ悩みなど心が迷っていて本当に落ち込んでしまっている時に、ふと或るみ言葉を思い出したり、たまたま開いた聖書の個所のみ言葉によって癒され慰められ励まされ、そして進むべき道を示される時こそ信仰を与えられた恵みを感じるのではないでしょうか。聖書のみ言葉の力は主イエスの十字架の愛によって裏打ちされています。

 イクイップ日本の佐藤義孝兄がそのことを詩編71篇によって証しされました。
鏡に映ったやつれた自分を見て、もう自分の伝道の業は終わったのかと落胆していた時にこの御言葉が与えられました。私が老いて白髪になっても神はわたしをお見捨てにならない。否、絶えることなく恵みの御業を語り、来るべき世代に語り伝えよ、とのみ言葉を聞いて迷いから覚めて再び学生伝道の業に励むことになったとのことでした。この詩編はダビデによる詩と言われていますが、神はダビデが母の胎にある時から若い時代を通して、そして老いの日に至るまでダビデの近くにいて恵みの御業を示されました。それ故、ひたすら恵みの御業を唱えましょう、とダビデは歌います。

 私たちの日毎の歩みは恵みの御業によって支えられています。私たちは出来ないこと、持っていないものを数え上げて言い訳をしていますが、出来ること、持っているものを数えることによって恵みの御業に与っていることを確認しつつ、驚くべき御業を語り伝える信仰に生きたいと思います。(大橋祐治)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック